PJ-30/PJ-35|ラジオサーバーポケットのリポート(2013/08/30)

初めに

 PJ-30/PJ35についてのメモです。

今回からワンセグチューナーが内蔵され、テレビ音声の録音も可能になりました。そして、音声ガイドもかなり充実して、ほとんどの操作が本体の音声ガイドのみで全盲でも可能です。後で理由は書きますが残念ながら100点ではないながら、音声ガイドだけで操作をすると言うことに関しては、今までのICレコーダの中では一番のできだと思います。

ラジオサーバー PJ-35 / PJ-30 Q&A

PJ-30とPJ-35の違い

PJ-35には本体と別に外付けの台があります。その台には、両サイドにスピーカーが付いています。なので固定でも簡易なオーディオとして使えそうです。外付けの台にも前面に本体を操作するスイッチ類があります。 もちろんこの台には外付けのアンテナを繋げる端子があります。充電の機能もあります。 予約件数は30件です。

そして、PJ-30にも本体と別に外付けの台があります。ですが、この台にはスピーカーはなく、充電機能と、外付けアンテナ端子が付いて居るのみです。善前機種のPJ-20の台と同じ形状です。 予約件数は20件です。

これがPJ-30とPJ-35の違いだと思います。 両本体の作りと、ボタン配置はまったく同じだと思います。ただし、PJ-30の本体をPJ-35の台に置いて利用することはだめなようです。

ボタン配置

ボタンの配置ですが、今までのPJシリーズと大きく変わった点はないでしょう。ただし、液晶画面の上部に、プリセットで設定して有るラジオ局を呼び出したりの機能を持つボタンが加わった感じの作りになっています。

液晶画面を上にして、自分と向き合わせの位置に置いてでのボタン名称の説明です。

液晶画面のすぐ下に、横に長いボタンが3こ並んでいます。

左から
AM・FM・テレビ・予約設定切替ボタン
ラジオファイルボタン
ICレコーダボタン

その下には、真ん中の大きな丸いボタンを中心に4この丸いボタンが並んでいる。
左上が停止ボタン
右上が録音ボタン
左下が戻るボタン
そして右下が設定ボタンです。

真ん中の大きなボタンは、上下左右ボタンと言うことで、主にボリュームとか、ファイルを選んだり、また設定の歳などのメニュー項目異動と、予約やカレンダー設定などの時間を合わせる時に利用します。

そしてその大きなボタンの真ん中に別にOKボタンがあります。

液晶画面の上には小さなボタンが5こ横に並んでいます。これらのボタンは、しおり機能や、ラジオのプリセットで予め設定されているラジを局を直接呼び出したりの機能などで利用するのだと思いますが、あまり詳しくはまだ分かりません。

使い方

使い方と言っても、特にここで「このへんに注意して」と言うことはありません。工場出荷時から、音声ガイドがONになっています。なので、この音声ガイドに従って何度か使って見れば分かるはずです。特に、いままでPJシリーズを使っている人にはなじみ深い操作だと思います。

本体設定の、日にち設定や時間設定(PJシリーズではカレンダー設定と読んでますが)も音声ガイドだけで可能です。西暦も時間も音声ガイドがあります。

時計補正の時間も読み上げます。

それから、これが一番の注目ポイント?だったのですが、本体の音声ガイドだけでもラジオとテレビ音声の予約設定が何とか可能です。

予約元をAM/FM/テレビにするか、放送局をどこにするかの音声ガイド(ただしこれは周波数読みですが)も音声ガイドがあります。

そして、録音開始時間/終了時間も音声ガイドで設定できます。各時間と分も音声ガイドがあります。

また、毎週予約なのか、今回1度だけの録音なのかの選択も音声ガイドがあります。

ただし、毎週予約の場合、例えば毎週月曜日、火曜日、水曜日だけと言うような設定をするときに、それらの希望の曜日にチェックを入れて設定をしなければなりません。このチェックを入れるときには、OKボタンのトグル機能でチェックのON/OFFを設定するのですが、音声(ビープ音)の変化がなく、どれがチェックされているのかあるいはチェックされてないのかの区別ができません。 これが非常に残念な点です。ビープ音の区別があれば私はほぼこのPJ-30/PJ-35は100点だと思っているのです。 ただし、デフォルトではチェックは付いていないと言うことでしたので、ちゃんと意識して設定をすれば大丈夫です。もし分からなくなってしまったら、キャンセルしてもう一度やり直すと言う方法も可能です。

また、予約設定だけは今までと同じようにパソコンから実行すると言うのが一番安心できるのかもしれません。

田の音声ガイドが充実しているだけに、この辺は非常に残念に感じます。 うううん、悔やんでも悔やみけれないって言う感じでしょうか(笑)。

最後に

上に書いた予約設定の曜日のチェック付けだけが非常に残念な点ですが、このへんはパソコンの予約設定に頼ると言うのがよいのかもしれません。

その他はまず音声ガイドのみで操作が可能で、テレビ音声の受信や予約も可能と言うのは非常に魅力的なICレコーダではないかと思っています。

発売日(2013/08/30)に見てきてでのレポートなのでなにか他の点で分かっていることや、私が間違って理解している点などがあったら教えて下さい。

c8h6o4@watakatsu.com

なお、PJ-30やPJ-35は下のリンクから購入して頂けるといくらかの割り前が私のところに転がってくるのでもしよろしければよろしくです(笑い)。

PJ-35

トップページに戻る